再び再発
再び再発
2020.04.21

乳癌の摘出手術をした10年後に乳癌の再発をしました。

医師からは10年前に使用していた抗がん剤に似た薬だと身体に合っているので、その抗がん剤を使えば大丈夫でしょう。との事でした。

一緒に放射線をするとより効果的です。と医師に言われ抗がん剤と放射線を同時にました。

抗がん剤は、嘔吐や発熱などはなかったですが倦怠感があった様です。

放射線は肌が乾燥しましたが大きな支障もなく治療を進める事ができました。

この治療法が合い、治療から半年後にPETCTで確認をした所、完治が認められました。

しかしその1年後に再び再発しました。同じ場所と脊髄に再発が認められました。最初は抗がん剤を定期的にしていましたが抗がん剤が合っておらず、癌が大きくなってしまい、特に脊髄の癌が悪さをしており、歩けなくなりました。

この時も同じ治療法で行きましょう。と医師から言われていましが、今回は同時ではなく、まずは抗がん剤からはじめて抗がん剤が終わり放射線をしましょう。との事でした。

しかし、今回抗がん剤を使うと身体に合わず吐き気や倦怠感などが大きく、うつの状態になってしまいました。

その為一旦、抗がん剤を辞め、放射線治療をメインに使用していました。

放射線を始めると癌がどんどん小さくなり歩ける様にもなり、放射線効果がとても大きかったです。その後、鬱状態から抜け出し、歩くリハビリをする事により歩けるまで元気になりました。