体に負担が少ない!がん免疫療法の優位性について
体に負担が少ない!がん免疫療法の優位性について
2020.11.13

がん免疫療法とは身体が本来持っている免疫システムを用いた治療法のことです。

誰もが生まれながらに備えている自身の免疫細胞を活発化させてがん細胞を攻撃するため、副作用が少ないと言われています。

がん免疫療法は世界的に注目されており、研究が進んでいます。がんだけではなく治療法を選ぶためにはメリットとデメリット、それぞれをしっかりと理解した上で選択する必要があります。

今回はがん免疫療法のメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

がん免疫療法の優位性とは?

がん細胞のみを攻撃することができるので副作用が少ない

がん免疫療法は身体が備えている免疫細胞にがん細胞だけを攻撃する力を与えるものです。
ですので、基本的に正常な細胞には影響がありません。

手術療法ですと身体を切ることで身体への負担が大きくなり、放射線治療ですと正常な細胞へもダメージを与えてしまいます。
免疫療法には身体的リスクや治療後の副作用等も気にせずに治療を受ける事が出来ます。

進行したがんや転移したがんにも効果がある

がんがかなり進行した状態であったり、身体中に転移している場合には手術を行ったりすることが出来ません。

また放射線や抗がん剤でも治療が難しい場合にはこれまでは治療法がありませんでした。

ですが、がん免疫療法であれば進行したがんや転移したがんでも治療を行うことが出来ます。病気によって体力が衰えて他の治療法が出来ない方でもがん免疫療法は負担が少ないため、治療を行うことができるのは大きなメリットであると言えます。

体力が低下した患者でも治療が可能である

身体が元々備えている免疫細胞にがん細胞だけを攻撃する力を与えるものですので、身体への負担が他の手術療法・化学(薬物)療法・放射線療法と比べて軽くなっています。

高齢者や体力の低下したがん患者でも治療が可能となっており、他の選択肢を選ぶことが出来なくなった方もがん免疫療法を選ぶことも出来ます。

早期のがんであれば寛解の可能性もあり得る

早期に発見した小さながんであれば、がん免疫療法を行うことで寛解(全治とまでは言えないが病状が治まって穏やかであること)する可能性があります。

がん免疫療法自体が始まったのが1970年代とまだまだ治療実績が多くはないため、実績も確かなことは言えませんが、今後更に研究が進めば早期に発見したがんに免疫療法が適用されるかもしれません。

もちろん、早期ではないがんでも免疫療法に寛解する可能性もあります。

標準の治療と併用で行うことができる

がん免疫療法は他のがん治療(手術療法・化学(薬物)療法・放射線療法)と併用で行うことが可能となっています。

併せて行うことで再発や転移の抑制効果も期待できます。

がん免疫療法の劣位性とは?

がん免疫療法にもメリットがあればデメリットも存在します。

治療データが少ない

がん免疫療法の最大のデメリットは治療実績が少なく、治療効果があるという根拠に乏しいという事です。

理論的には有効であると言われていますが、それを裏付けるだけの、証明するだけの治療実績が十分にあるわけではありません。絶対に効果があると断定することが難しい点です。

先進医療として認定はされていますが、まだまだ評価が定まっていないのです。

抗がん剤の効果を下げてしまう可能性がある

がん免疫療法は免疫力を上げる療法ですが、抗がん剤は免疫力を下げる作用があるため、効果を打ち消し合ってしまう可能性があります。

抗がん剤治療もがん免疫療法も上手に使うことで打ち消しあうことを回避できる問題であるとわかってきていますが、まだまだその方法は確率されておらず、少々不確定であると言えます。

莫大な費用がかかる可能性がある

がん免疫療法はまだごく一部しか保険適用となっていません。基本的に自由診療(健康保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度が適用されない)となっています。

保険が使えないということは、全て自己負担となってしまいますので、金銭的に圧迫される可能性もあります。

副作用がある

がん免疫療法は自身の免疫細胞に力を与える形で治療をするため、他のがん治療と比べて強い副作用はありませんが、副作用が全くないというわけではありません。

考えられる副作用としては、時々アレルギー反応が起こりインフルエンザのような発熱や倦怠感が生じる可能性がありますし、皮膚反応(発赤や水疱等)が起こる可能性があります。

まとめ

がん免疫療法のメリット、デメリットについて理解して頂けたかと思います。

がん治療を選ぶ上で方法や効果だけでなくメリットとデメリットはよく理解したうえで選択する必要があります。よく理解した上でご自身が納得いくような選択をしましょう。

がん免疫療法を専門に行なっている病院や専門機関もありますので、がん免疫療法を受ける際にはしっかりと相談して受けるようにしてください。